WiMAX 2+のエリア拡大情報。東京臨海高速鉄道の「りんかい線」に対応。

東京都の「大崎駅」から「新木場駅」の臨海部を結ぶ東京臨海高速鉄道の「りんかい線」におけるWiMAX 2+(ワイマックスツープラス)のエリア対応について、2015年8月25日(火)のUQ WiMAX(UQコミュニケーションズ社)のプレスリリースにてサービス開始の発表がありました。

りんかい線でのWiMAX 2+エリア整備完了について
-駅や列車内で快適な高速インターネットが可能に-

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、社長:野坂 章雄、以下UQ)は、りんかい線の駅構内や列車内でWiMAX 2+サービスがご利用いただけるようエリア整備を進めてまいりましたが、2015年8月25日(火)にエリア整備が完了し、りんかい線でWiMAX 2+サービスがご利用いただけるようになりましたので、お知らせします。

これにより、りんかい線において、WiMAX 2+対応のルーターやスマートフォンなどで、より高速なインターネット通信がご利用いただけるようになりました。

今後、より一層のサービスエリア充実にむけ、全国の主要鉄道路線においても快適なインターネット通信をご利用いただけるよう鋭意取り組んでまいります。

UQコミュニケーションズより抜粋

東京臨海高速鉄道の「りんかい線」はJR東日本が発表した構想の中で羽田空港アクセス線として活用する案が提示されている関係で、実現すれば2020年のオリンピックなどを念頭において、多くの訪日外国人が利用することや出国する日本人が利用することが想定されています。

WiMAX/WiMAX2+の対応エリア確認ページはこちら

広告