WiMAX2+(ワイマックスツープラス)の対応機器

WiMAX2+(ワイマックスツープラス)では下り最大220Mbps・上り最大110Mbpsに対応する機器が発売していますが現状では「W01」「WX01」2タイプのみです。

ここでは2つの機種のスペックを紹介致します。

WiMAX2+対応機器「W01」のスペック

main_v
メーカー ファーウェイ バッテリー駆動時間 WiMAX2+:約8時間
4G LTE:約7.3時間
幅x高さx奥行き 120x59x10 mm 重量 約113g
画像 w01_blue_597x392w01_white_597x392

WiMAX2+対応機器「WX01」のスペック

main_2
メーカー NEC バッテリー駆動時間 WiMAX 2+(220M)利用時:約6.5時間
WiMAX 2+(110M)利用時:約8.5時間
WiMAX利用時:約11時間
幅x高さx奥行き 109x66x9 mm 重量 約97g
画像   wx01_blue_597x392wx01_white_597x392

「W01」と「WX01」の違い

2機種の違いですが「W01」の方はWiMAX 2+(220Mbps)とau 4G LTE(100Mbps)の通信が行え、「WX01」の方はWiMAX 2+(220Mbps)・WiMAX(ハイパワー対応)の通信が行える点でしょう。どちらも220Mbpsの通信速度がでるWiMAX+2には対応していますが、WiMAX+2の電波帯が利用できなかった場合auのLTEか過去のWiMAXを使うかで考えると、au 4G LTE(100Mbps)の方が電波帯が広く、室内や山間部などでも強いため、電波を重視したいなら「W01」の方がやや分があるように思います。

しかし「W01」はギガ放題プランにも対応していますが「au 4G LTE」が通信容量7GB/月まで(WiMAX 2+は無制限)という制限があるため、WiMAX 2+の対応していない地域で使用する場合には注意しなければなりません。※「W01」の機器設定で「au 4G LTE」の通信は行わないようにすることも出来ます。

その一方「WX01」の方は過去の「WiMAX」エリアでも通信を行うことができるため、今までWiMAXを使っていて特に問題がなかった人にとっては安心して使用できるかと思います。その情報を想定しつつ、あとデザインや持ち運びやすさ、バッテリー駆動時間などの好みで選ぶと良いかと思います。

UQ WiMAX「タブレットPCとルーターのセットで2万円引き+3,000円分の商品券プレゼント」キャンペーン開催

UQ WiMAXでは現在「タブレットPCとWiMAXルーター」セットで、購入価格が最大2万円引きになるキャンペーンを開催中。さらにこのホームページから申し込むと「3,000円分」の商品券もプレゼント中!タブレット端末をお求めの方は下記のリンク先をチェックして下さい。

WiMAXルーター+タブレットPCセットの申し込みページはこちら↓

広告